名刺を作るにあたって

名刺はいまや自分で作る時代とも言われています。しかし、やっぱりプロの手で作ってもらうという方法を選ぶ人もたくさんいます。確かに仕事に使う場合などは何千枚と使うことがあります。その手間とインク代などを考えると、どうなのだろうと考えてしまう人も結構いるのではないでしょうか。

また自分でつくる名刺の難点は、名刺のまわりのぎざぎざです。これはそのままにしておけば、とても安っぽいものになってしまいます。名刺の場合、特に仕事ではその人を表わすといってもいいものです。そして第一印象を大きく左右するものでもあるのではないでしょうか。

そんな名刺が安っぽいというのは、やはり大きな損失と言えそうです。仕事に使う名刺までケチっているという印象も持たれかねません。そのために自分でつくった名刺は必ず、ぎざぎざの処理をきちんとすることが大切です。

出来上がって乾いてから爪ヤスリなどでぎざぎざを取るという方法もあります。しかし枚数が多くなると相当の労力が必要になることも確かです。自分の趣味の世界や友人の世界で利用する名刺ならともかく、仕事に使う名刺などは本当に難しいところがあるようです。

またギザギザがないものを使ったとしても、今度はデザインなど素人とプロの違いもあります。仕事の場合、ただ素敵なデザインだからいいというわけでもありません。そこで仕事の名刺はプロに任せ、他に使う名刺は自分のデザイン力を使って、楽しく作るという人が多いのも分るような気がします。

このように名刺作りもある程度上手に使い分けることも大切になるのではないでしょうか。その上で、自分で素敵な名刺を作り、どんどん利用して楽しむといいでしょう。

⇒名刺をプロに

名刺の印刷はプロにお任せ

いまや名刺も家庭用のプリンターで手軽に作れる時代です。ネットの無料素材などを最大限にフル活用すれば、一見すると手作りに見えないような完成度が高いものまで作れるでしょう。限られたコミュニティの中で、また趣味の一環で使用する名刺であれば、問題ありませんが、ビジネスで使用するならば、やはりプロの印刷業者に作成してもらった方が良いと思います。

先ほど一見したくらいでは自分で作ったとは思えないような完成度が高いものも作成するのが可能だと述べましたが、見る人が見ればすぐに手作りだとわかります。何の分野でもそうですが、やはり素人はあくまで素人であって、熟練したプロのようにはいきません。

特に、名刺をビジネスで使用する場合は、その名刺はその人の人間性を表すと言っても過言ではありません。また、プロに作成してもらった立派な名刺は、見た目や材質の物理的な側面だけではなく、使用する人の精神的な側面まで影響します。

やはり立派な名刺を持っていると気持ちも引き締まるというのは、容易に理解していただけると思います。

名刺の作成をネットで手軽に注文

以前、総務課で勤めていたので、ネットで名刺を注文をしていました。

デザインをパソコンのソフトで作って、HPより名刺の作成をお願いすると、1週間程度で完成します。関連>>名刺作成

名刺は直接店舗にいって注文するものだと思っていたので、簡単に作成できることを知ってとてもビックリしました。現代は何でもネットで注文できるのでとても便利です。しかし、ネット上で完成のデザインを確認することになるので、ちょっとした色見の違いがわかりません。

同じデザインで注文しても、出来あがってきたものは若干違うということもありました。また、名字と名前の間のスペースなどがわかりにくく、細かくメールで指示しなければならないという点もあります。しかし、店舗に足を運ぶより、とても安く名刺を作成することが出来るので、経費削減につながります。

また、足を運ぶ手間がないので、仕事中手があいている時間にぱぱっと注文することができます。お忙しい方には大変おすすめです。